ヤマソテツ Plagiogyria matsumureana

キジノオシダ科キジノオシダ属ヤマソテツ Plagiogyria matsumureana
北海道、本州、四国、屋久島に分布。深山の林床に群生する。短い根茎から株立ち状に葉を出す。葉は2形で、栄養葉は四方八方に広がり、羽片は重鋸歯縁、基部は中軸に幅広くつく。下部羽片は縮小。頂羽片はない。胞子葉は高く直立。羽片の縁がまくれて、内側にソーラスがある。
北海道上川町 2016.08.14.
f0165160_9494228.gif
f0165160_95001.gif
f0165160_9502837.gif
f0165160_9504659.gif
f0165160_951103.gif
f0165160_9513277.gif
f0165160_9514881.gif

# by memobird2 | 2016-08-29 09:32 | キジノオシダ科 | Comments(0)

エゾフユノハナワラビ Botrychium multifidum var.robustum

ハナヤスリ科ハナワラビ属エゾフユノハナワラビ Botrychium multifidum var. robustum
北海道、中部以北の本州に分布するが、滋賀、奈良、鳥取、徳島、愛媛でも知られている。山地の林下や草地に生える。基準変異種のヤマハナワラビに比し、全体に白い毛が多く、大きい。栄養葉の質は厚く、裂片は混みあって重なる。裂片の表面は光沢あり、辺縁は裏側に巻き込む。
北海道上川町 2016.08.14.
f0165160_8512288.jpg
f0165160_8513591.jpg
f0165160_8514893.jpg
f0165160_852115.jpg
f0165160_8521474.jpg

# by memobird2 | 2016-08-27 08:33 | ハナヤスリ科 | Comments(0)

エゾメシダ Athyrium brevifrons

メシダ科メシダ属エゾメシダ Athyrium brevifrons
北海道、中部地方以北の本州に分布。山地の林床に生える。葉柄基部の鱗片は褐色で、葉柄上部にも圧着する。羽片下部の幅は短くなる。小羽片は無柄で羽軸に流れる。ソーラスは中間位置。半月~鉤型に曲がる。ミヤマメシダによく似てるが、ミヤマメシダの葉柄の鱗片は黒色!
北海道上川町 2016.08.14.
f0165160_1055470.gif

f0165160_106183.gif
f0165160_1063750.gif
f0165160_106585.gif
f0165160_1071194.gif
f0165160_1072237.gif
f0165160_1073336.gif

# by memobird2 | 2016-08-24 09:54 | メシダ科 | Comments(0)

オオメシダ Deparia pterorachis

メシダ科オオシケシダ属オオメシダ Deparia pterorachis
北海道、中部以北の本州に分布。低地~山地の林内の湿潤な所に生える大型シダ。根茎は塊状で葉は株立ち状に出る。葉柄は太く、褐色の鱗片が密生する。下部の羽片は少し短くなる。ソーラスは長楕円形で小羽軸に沿って並ぶ。
北海道上川町 2016.08.14.
f0165160_1654916.gif

f0165160_16543647.gif
f0165160_1654578.gif
f0165160_16551445.gif
f0165160_16553070.gif

f0165160_1793638.gif
f0165160_17102119.gif
f0165160_17105783.gif

# by memobird2 | 2016-08-22 16:39 | メシダ科 | Comments(0)

コタニワタリ Asplenium scolopendrium

チャセンシダ科チャセンシダ属コタニワタリ Asplenium scolopendrium
北海道から九州まで分布。日本海側に多い。山地のやや湿った林床に生育。葉身は単葉。基部は心形で耳状。葉脈は葉縁まで達せず。ソーラスは線状。
北海道旭川市 2016.08.23.
f0165160_11481671.gif

f0165160_1149034.gif
f0165160_11493866.gif
f0165160_11501732.gif
f0165160_11504968.gif
f0165160_11511395.gif

# by memobird2 | 2016-08-20 11:51 | チャセンシダ科 | Comments(0)

シラネワラビ Dryopteris expansa

オシダ科オシダ属シラネワラビ Dryopteris expansa
北海道から九州まで分布するが、暖地では冷温帯に限られる。しばしば、林床に群生する。葉柄基部の鱗片は淡褐色で膜質。葉身は五角状で、最下羽片の下向き第一小羽片が長い。ソーラスは中間位でやや小型。
北海道上川町 2016.08.14.
f0165160_10411955.gif
f0165160_10414036.gif
f0165160_10415757.gif
f0165160_10422132.gif
f0165160_10424757.gif

# by memobird2 | 2016-08-19 10:42 | オシダ科 | Comments(0)

ミヤマメシダ Athyrium melanolepis

メシダ科(イワデンダ科)メシダ属ミヤマメシダ Athyrium melanolepis
本種中部以北の亜高山帯、北海道に分布。葉柄の鱗片は黒色で光沢あり、かたくてねじれる。葉は草質で、葉柄は葉身の半分以下。下部羽片は短くなる。羽片柄はごく短いかない。外見は、エゾメシダとよく似ているが、葉柄の黒い鱗片を見ると識別は容易。
北海道美瑛町 2016.08.15.
f0165160_1736394.gif
f0165160_1737666.gif
f0165160_1737373.gif
f0165160_1738541.gif
f0165160_17382836.gif
f0165160_17385745.gif
f0165160_17393064.gif
f0165160_17395799.gif

# by memobird2 | 2016-08-17 17:40 | メシダ科 | Comments(0)

カニクサ Lygodium japonicum

カニクサ科カニクサ属カニクサ Lygodium japonicum
2015.09.19. 三重県大台町
f0165160_2033621.jpg
f0165160_204451.jpg
f0165160_2043387.jpg
f0165160_2045434.jpg

# by memobird2 | 2016-08-08 20:04 | カニクサ科 | Comments(0)

デンジソウ Marsilea quadrifolia

デンジゾウ科デンジソウ Marsilea quadrifolia
北海道(マレ)、本州、四国、九州、奄美大島に分布。低地の水田や池沼に生える。外見は、シダとは思えないシダで、四つ葉のクローバ状の葉が特徴的。胞子嚢果の柄は、葉柄基部の5~10mm上から出る。ナンゴクデンジソウ M. crenata は、園芸種として逸出し、胞子嚢果の柄は、葉柄基部から出る。
Mie Pref. Central Japan 2016.08.02.
f0165160_11384671.gif

f0165160_1139956.gif
f0165160_11393183.gif
f0165160_11395477.gif
f0165160_1140345.gif

# by memobird2 | 2016-08-03 11:28 | デンジソウ科 | Comments(0)

ヌカイタチシダ Dryopteris gymnosora

オシダ科オシダ属ヌカイタチシダ Dryopteris gymnosora
関東地方以西の本州、四国、九州に分布。低山地の林縁で見られる。葉柄基部の鱗片は褐色。ソーラスは、下部羽片から付き始め、苞膜がないのが大きな特徴。
2015.05.14. 三重県紀北町
f0165160_15531166.jpg
f0165160_15533961.jpg
f0165160_155358100.jpg
f0165160_15542555.jpg
f0165160_15544980.jpg

2016.07.28.三重県紀北町 真夏でも新葉は赤い!
f0165160_155652100.jpg
f0165160_15572648.jpg
f0165160_15574918.jpg
f0165160_15581242.jpg
f0165160_15583932.jpg

# by memobird2 | 2016-07-30 15:54 | オシダ科 | Comments(0)

シロヤマゼンマイ Osmunda banksifolia

ゼンマイ科ゼンマイ属シロヤマゼンマイ Osmunda banksifolia
和名の由来は鹿児島の城山にちなむ。九州南部以南に多いが、伊豆、紀伊半島南部、四国南部にも自生。羽片は全縁か大きな鋸歯をつける波状縁。中軸の中・下部が部分的に二型で、胞子葉となる。
Ishigaki Is. Okinawa Pref. South-west Japan
f0165160_10233083.jpg
f0165160_10235288.jpg
f0165160_10241437.jpg
f0165160_10244556.jpg

# by memobird2 | 2016-07-30 10:24 | ゼンマイ科 | Comments(0)

ホウライシダ Adiantum capillus-veneris

ホウライシダ科ホウライシダ属ホウライシダ Adiantum capillus-veneris
日当たりがよい、湿った岸壁に固着して群生する。光沢のある黒褐色の茎を伸ばす。茎の長さは、15cmほどで、切れ込みのある扇型の小葉を互い違いに出す。小葉は薄くて光沢がなく無毛。ソーラスは、小葉縁に沿ってつく。本州で見られるものは、逸出帰化したものが、ほとんどらしい。今回は、村落から遠く離れた山中にて、、、。
Mie Pref. Central Japan
f0165160_1017330.jpg
f0165160_10173599.jpg
f0165160_1018344.jpg

# by memobird2 | 2016-07-30 10:18 | ホウライシダ科 | Comments(0)

ツルコウゾ Broussonetia kaemperi

クワ科コウゾ属ツルコウゾ Broussonetia kaempferi
山口県、四国、九州に分布!ヒメコウゾに似てるが、葉がより細長く、つる性!
Nichinan City, Miyazaki Pref. 2016.07.18.
f0165160_11382865.gif

f0165160_14582443.jpg

f0165160_14583868.jpg
f0165160_1458533.jpg
f0165160_1459535.jpg
f0165160_14592161.jpg

# by memobird2 | 2016-07-29 11:39 | クワ科 | Comments(0)

ヤクシマミゾシダ Leptogramma gymnocarpa f. yakusimensis

ヒメシダ科ヒメシダ属ヤクシマミゾシダ Leptogramma gymnocarpa f. yakusimensis
ミゾシダの一品種に位置づけられている。植物体が小型で、ソーラスが楕円形に近くなる。この個体は、典型例ではないが、ヤクシマミゾシダであると光田重幸氏が仰せられた。光田氏に感謝申し上げます。
宮崎県日南市 2016.07.20.
f0165160_10541831.gif

f0165160_10544518.gif

# by memobird2 | 2016-07-29 10:54 | ヒメシダ科 | Comments(0)

コフジウツギ Buddleja curviflora

ゴマノハグサ科フジウツギ属コフジウツギ Buddleja curviflora
四国南部、九州南部、沖縄に分布。比較的マレな樹なので、今回、初めての出会いであった!
2016.07.19. Toi-misaki, Kushima City, Miyazaki Pref. West Japan
f0165160_1525185.jpg
f0165160_1531292.jpg
f0165160_1533042.jpg
f0165160_1534952.jpg
f0165160_154478.jpg

# by memobird2 | 2016-07-27 15:04 | ゴマノハグサ科 | Comments(0)

イヌホシダ Thelypteris acuminata var. kuliangensis

ヒメシダ科ヒメシダ属イヌホシダ Thelypteris acuminata var. kuliangensis
イヌケホシダではなく、ホシダの変異種。四国、九州、琉球で見られる。羽片の長さが短く、先端が急に細くなる。全体に小型で羽片数も少ない。ソーラスが見られる場合は滅多にない。お教え下さいました光田重幸氏に深謝します。
宮崎県日南市 2016.07.18.
f0165160_16341527.gif

f0165160_16345834.gif
f0165160_1635398.gif
f0165160_16362924.gif
f0165160_16365582.gif

# by memobird2 | 2016-07-25 16:19 | ヒメシダ科 | Comments(0)

イヌタマシダ Dryopteris hayatae

オシダ科オシダ属イヌタマシダ Dryopteris hayatae
八丈島、高知県、九州、琉球に分布。山地の岩上や渓流付近に生える。ナガバノイタチシダ、ミヤマイタチシダに雰囲気は似てるが、全体が小型!葉柄下部の鱗片は褐色。ソーラスは小さく、苞膜は円腎型で、ソーラスを深く包み込む。お教え下さいました光田重幸氏に感謝申し上げます。
2016.07.20. 宮崎県日南市
f0165160_94944.gif
f0165160_9493181.gif
f0165160_9501360.gif

f0165160_1023226.gif
f0165160_1031636.gif
f0165160_104084.gif
f0165160_1042287.gif

# by memobird2 | 2016-07-23 09:50 | オシダ科 | Comments(0)

イヌドクサ Equisetum ramosissimum

トクサ科トクサ属イヌドクサ(カワラドクサ)Equisetum ramosissimum
本州、四国、九州、琉球に分布。日当たりの良い湿地、河川敷、堤防に生える。トクサよりも茎は細く、時に分枝し、茎の下部から輪生する枝を出す。茎の先端部に、ツクシに似た胞子嚢穂をつける。
2016.07.21. 宮崎県串間市
f0165160_21193860.jpg
f0165160_212064.jpg
f0165160_21203562.jpg

# by memobird2 | 2016-07-22 21:20 | トクサ科 | Comments(0)

イヌイワイタチシダ Dryopteris saxifragivaria

オシダ科オシダ属イヌイワイタチシダ Dryopteris saxifragivaria
イワイタチシダ D. saxifraga と ヤマイタチシダ D. bissetiana の中間に位置する。イワイタチシダの葉柄基部及び中軸の黒い鱗片は、直角~下向きに開出し、弓なりに反曲して、先は上を向く。
ヤマイタチシダの鱗片は、立ち上がらずに伏せる。本個体の鱗片はイワイタチシダほど先が上を向かないが、ヤマイタチシダのよーに伏せることはない。深山の湿った環境で見られた。
お教え下さいました光田重幸氏、榎本悟士氏に深謝します。
2016.07.05. 滋賀県北鈴鹿山地

f0165160_1129532.jpg
f0165160_11291785.jpg
f0165160_11293382.jpg
f0165160_11295247.jpg
f0165160_1130941.jpg
f0165160_11302482.jpg
f0165160_11304762.jpg

# by memobird2 | 2016-07-06 11:30 | オシダ科 | Comments(0)

ミツイシイノデ Polystichum X namegatae

オシダ科イノデ属ミツイシイノデ Polystichum X namegatae
サイゴクイノデとカタイノデの雑種。葉柄基部の鱗片は、明らかな縞模様で内部は光沢のある黒紫色。ソーラスは、やや辺縁寄りで、耳片に優先的に付く。お教え下さいました光田重幸氏、村田 章氏に感謝します。
奈良県宇陀市 2016.05.22.

f0165160_1657435.jpg
f0165160_16571492.jpg
f0165160_16572214.jpg
f0165160_16573496.jpg
f0165160_16574352.jpg
f0165160_16575218.jpg
f0165160_1658092.jpg
f0165160_1658954.jpg

# by memobird2 | 2016-05-27 16:47 | オシダ科 | Comments(0)

イヌイワガネソウ Coniogramme X fauriei

ホウライシダ科イワガネゼンマイ属イヌイワガネソウ Coniogramme X fauriei
イワガネゼンマイとイワガネソウの雑種。外見はイワガネソウに似て、葉の照りがあり、羽片の先がギュッと尖るが、葉脈は、網目を作るところ、網目が不完全なところ、イワガネゼンマイの葉脈と同じところなど様々である。
三重県津市 2016.05.26.

f0165160_9422516.jpg
f0165160_9423698.jpg
f0165160_9424829.jpg
f0165160_943017.jpg
f0165160_9431097.jpg

# by memobird2 | 2016-05-27 09:29 | ホウライシダ科 | Comments(0)

フジシダ Monachosorum maximowiczii

コバノイシカグマ科オオフジシダ属フジシダ Monachosorum maximowichii
福島県及び関東地方以西の本州、四国、南部をのぞく九州に分布。地上や岩上に群生して生える。和名の富士は、犬山市の尾張富士に因むらしい?単羽状で細長い。先端に無性芽を生ず。
三重県大紀町 2014.12.21.

f0165160_1055556.gif
f0165160_10561836.gif
f0165160_10564082.gif
f0165160_1057699.gif
f0165160_10573437.gif

# by memobird2 | 2016-05-18 10:57 | コバノイシカグマ科 | Comments(0)

ハイホラゴケ Crepidomanes birmanicum

コケシノブ科アオホラゴケ属ハイホラゴケ Crepidomanes birmanicum
本州、四国、九州、琉球列島に分布。湿った岩壁に生える。根茎は太くてひも状。葉柄基部近くまで翼が付く。苞膜はトランペット型なので、二弁状のアオホラゴケと区別できる。
三重県大紀町 2016.05.15.

f0165160_14543636.jpg
f0165160_14545114.jpg
f0165160_1455589.jpg
f0165160_14551818.jpg
f0165160_14553962.jpg
f0165160_14555050.jpg
f0165160_1456128.jpg

# by memobird2 | 2016-05-16 10:24 | コケシノブ科 | Comments(0)

サツマクジャク Diplazium X satsumense

イワデンダ科ノコギリシダ属サツマクジャク Diplazium X satsumense
ミヤマノコギリシダとニセコクモウクジャクの雑種。両種の特徴がどこに出てるか分からないので、これから勉強予定。お教え下さいました光田重幸氏に感謝申し上げます。
和歌山県古座川町 2016.05.03

f0165160_10293220.jpg

f0165160_10302393.jpg
f0165160_10303946.jpg
f0165160_10304826.jpg
f0165160_10305958.jpg
f0165160_103126100.jpg
f0165160_1032374.jpg

# by memobird2 | 2016-05-13 10:21 | イワデンダ科 | Comments(0)

トウゴクシダモドキ(仮称)

オシダ科オシダ属トウゴクシダモドキ(仮称)
トウゴクシダの最下羽片の下向き第一小羽片は、第二より短いが、本個体は第二より長い。しかし、タカサゴシダほどでもない。つまり、トウゴクシダとタカサゴシダの中間に位置し、トウゴクシダに近いものを、光田重幸氏はトウゴクシダモドキと仮称されている。タカサゴシダに近ければ、タカサゴシダモドキと呼ぶ。タカサゴシダの自生地でよく見られるが、そうでない所にもある。自然環境の豊かな所に多い。羽軸裏面に袋状鱗片が多く付着する。お教え下さいました光田重幸氏に感謝します。
和歌山県古座川町 2016.05.03.

f0165160_10451961.gif
f0165160_10455914.jpg
f0165160_10461777.jpg
f0165160_10463511.jpg
f0165160_10465494.jpg

# by memobird2 | 2016-05-11 10:47 | オシダ科 | Comments(0)

ミヤマベニシダ Dryopteris monticola

オシダ科オシダ属ミヤマベニシダ Dryopteris monticola
北海道、本州は中国地方北東部より北に分布。三重県では鈴鹿山脈北部、大台ケ原で見られる。渓流沿いの樹林下に群生。葉柄基部の鱗片は茶褐色。中軸の鱗片は袋状でない。葉質は、草質(紙質)でやわらかいので、葉がしなだれる感じとなる。。ソーラスは葉先優先、中間位置。同定して下さいました光田重幸氏に感謝申し上げます。
滋賀県東近江市 2016.05.08.

f0165160_9461554.jpg
f0165160_9463188.jpg

f0165160_1091166.gif

f0165160_10362992.gif
f0165160_10365813.gif
f0165160_10374611.gif

f0165160_10544551.gif

# by memobird2 | 2016-05-09 09:46 | オシダ科 | Comments(0)

ヒカゲワラビ Diplazium chinense

イワデンダ科ノコギリシダ属ヒカゲワラビ Diplazium chinense
関東地方以西の本州、四国、九州、沖永良部島に分布。やや湿った林下に生える。葉柄は緑色、基部の鱗片は早落性。最下羽片が最大で、羽片柄が長い。葉身は、オニヒカゲワラビより、ずーと小さい。ソーラスは線形で全縁。お教え下さいました光田重幸氏に感謝します。
和歌山県古座川町 2016.05.03.
f0165160_10541965.gif
f0165160_10544855.gif
f0165160_1055957.gif
f0165160_1055337.gif

f0165160_2157780.jpg
f0165160_21572647.jpg
f0165160_21574548.jpg
f0165160_2158416.jpg

# by memobird2 | 2016-05-06 10:53 | イワデンダ科 | Comments(0)

イブキシダ Thelyopteris esquirolii var. glabrata

ヒメシダ科ヒメシダ属イブキシダ Thelyopteris esquirolii var. glabrata
栃木、神奈川、中部以西から琉球列島に分布。林中、山中の渓流沿いに生える。流水に耐えるためか、下部の羽片は痕跡程度に縮小。ソーラスは辺縁より。羽軸と中軸の接点裏面に通気孔がある。
三重県大台町 2015.06.25.

f0165160_10414424.gif

f0165160_10423728.gif

f0165160_10425657.gif
f0165160_10431586.gif
f0165160_1044292.gif
f0165160_10441823.gif
f0165160_10443629.gif
f0165160_1045825.gif

# by memobird2 | 2016-04-23 10:45 | ヒメシダ科 | Comments(0)

オオバノハチジョウシダ Pteris terminalis

イノモトソウ科イノモトソウ属オオバノハチジョウシダ Pteris terminalis
三重県大紀町 2016.04.19.

f0165160_20162759.jpg

f0165160_20164492.jpg
f0165160_20165971.jpg
f0165160_20171691.jpg
f0165160_20172936.jpg

三重県松阪市 2014.11.23.
f0165160_21242898.jpg
f0165160_21244655.jpg
f0165160_21259100.jpg

# by memobird2 | 2016-04-19 20:17 | イノモトソウ科 | Comments(0)

ハガクレカナワラビ Arachnioides yasu-inouei

オシダ科カナワラビ属ハガクレカナワラビ Arachnioides yasu-inouei
紀伊半島、山口県、四国、九州に分布するが、琉球列島の分布はない。日本固有種で少ない。三重県では絶滅危惧種I類。根茎は短く這い、葉は接近してつく。外見はコバノカナワラビに似るがより小さい。小裂片の鋸歯の先がトゲ状に長いのが最大の特徴。ハカタシダ、オニカナワラビより葉質は薄く柔らかい。ソーラスは中間位置。お教え下さいました光田重幸氏に感謝申し上げます。
三重県 2016.04.17.

f0165160_17173956.gif
f0165160_17181189.gif

f0165160_1723099.gif

f0165160_19525942.jpg

f0165160_1953334.jpg
f0165160_19534814.jpg

# by memobird2 | 2016-04-18 16:36 | オシダ科 | Comments(0)