鳥平が観察してる植物を、どーぞご一緒にお楽しみください。


by memobird2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:サトイモ科( 5 )

サトイモ科ザゼンソウ属ザゼンソウ Symplocarpus foetidus
2014.03.04. 滋賀県

f0165160_7185154.jpg
f0165160_7191419.jpg
f0165160_7192955.jpg
f0165160_7195188.jpg

by memobird2 | 2016-02-29 07:19 | サトイモ科

クワズイモ Alocasia odora

四国南部、九州南部から南西諸島に分布。やや湿った林内や林縁にごく普通に見られる大型常緑多年草。大きな鉢に植えると、見ごたえのある観葉植物となる。
2012.01.01.Ishigakizima, Okinawa Pref.
サトイモ科クワズイモ Alocasia odora

f0165160_4555318.jpg
f0165160_456929.jpg
f0165160_45615100.jpg
f0165160_4562983.jpg

by memobird2 | 2012-01-06 05:56 | サトイモ科
北海道、本州に見られる広義のマムシグサの一形で、葉軸はらせん状に巻きあげ大型。仏炎苞の筒部は太く、付属体はこんぼう状。舷部は短くて、垂れ下がる。
2011.06.30.Siga Pref.
サトイモ科テンナンショウ属オオマムシグサ Arisaema serratum

f0165160_10505469.jpg
f0165160_105162.jpg
f0165160_10511771.jpg


2010.06.10.Siga Pref.
f0165160_11115042.jpg
f0165160_1112857.jpg

by memobird2 | 2011-07-02 07:51 | サトイモ科
仏炎苞の先端が、釣竿と道糸のよーに見えるのが和名の由来であり、テンナンショウ属の中でで識別しやすい一種。花粉媒介をするのは、キノコバエで、飛来したキノコバエがこの釣り糸に止まる。
2009.04.28.Mie Pref. Central JAPAN
サトイモ科テンナンショウ属ウラシマソウ Arisaema urashima


f0165160_3422640.jpg
f0165160_342356.jpg
f0165160_3424368.jpg
f0165160_342514.jpg

f0165160_3483067.jpg


2010.04.24.Mie Pref. Central JAPAN
f0165160_3431373.jpg

by memobird2 | 2010-05-02 03:44 | サトイモ科
テンナンショウ属の識別はややこしいが、本種は花序の付属体の先端部が雪のよーに白くてやわらかい餅のよーなので識別に悩むことはない。三重、奈良、四国に分布する。
2010.04.29.Mie Pref.
サトイモ科テンナンショウ属ユキモチソウ Arisaema sikokianum


f0165160_10295266.jpg
f0165160_1030154.jpg
f0165160_1030337.jpg
f0165160_1030485.jpg
f0165160_1031481.jpg
f0165160_10312549.jpg
f0165160_10314129.jpg

by memobird2 | 2010-05-01 05:15 | サトイモ科