鳥平が観察してる植物を、どーぞご一緒にお楽しみください。


by memobird2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:ノウゼンカズラ科( 9 )

中国原産で古くから植栽され、今では野生化している。6~7月、枝先に円錐花序を出し、黄白色の花を多数つける。花冠上部は5裂しやや唇形になる。内面に暗紫色の斑紋あり。
2013.06.09.Mie Pref.
ノウゼンカズラ科キササゲ属キササゲ(花) Catalpa ovata

f0165160_16542421.jpg
f0165160_16543517.jpg
f0165160_16544495.jpg
f0165160_16545477.jpg
f0165160_1655355.jpg
f0165160_16551589.jpg
f0165160_16552341.jpg
f0165160_16553438.jpg

by memobird2 | 2013-06-13 16:55 | ノウゼンカズラ科
南アフリカ原産の半つる性低木で高さ2~3mになる。葉は5~9枚の小葉からなる奇数羽状複葉。ヒメノゼンカズラ(テコマリア)属は、熱帯アメリカと南アフリカに三種がある。
2012.05.04.Okinawa Pref.
ノウゼンカズラ科テコマリア(ヒメノウゼンカズラ)属ヒメノウゼンカズラ Tecomaria capensis

f0165160_20474969.jpg
f0165160_20475972.jpg
f0165160_2048953.jpg
f0165160_20481849.jpg
f0165160_2048276.jpg
f0165160_20483563.jpg

by memobird2 | 2012-07-01 20:48 | ノウゼンカズラ科
ペルー原産の熱帯雨林性常緑高木。花は頂生し薄紫色でラッパ状の花を多数つける。高温多湿下では生育が早いが、低温では、葉が黄変する。
2012.06.03.Hamamatu Flower Park, Sizuoka Pref.
ノウゼンカズラ科ジャカランダ属ジャカランダ・アクティフォリア Jacaranda acutifolia

f0165160_217563.jpg
f0165160_218533.jpg
f0165160_2181996.jpg
f0165160_218241.jpg
f0165160_2183741.jpg

by memobird2 | 2012-06-04 21:08 | ノウゼンカズラ科
ニューギニア、モロッカ諸島、ソロモン諸島に分布する大型常緑つる性低木。細長い筒型の花が集まり房となって、直接幹に着く。花冠の先端は5裂する。
2012.03.11.Kusatu Water Garden, Siga Pref.
ノウゼンカズラ科テコマンテ・ベヌスタ Tecomanthe venusta

f0165160_16544381.jpg
f0165160_16545589.jpg
f0165160_1655677.jpg
f0165160_16551777.jpg
f0165160_16552599.jpg

by memobird2 | 2012-03-17 16:55 | ノウゼンカズラ科
パナマ原産で、樹高6~7m、よく分枝する。葉は三出複葉で葉柄に翼がある。果実は長さ30~120cmで、黄緑色に熟し、リンゴの香りがして牛が食べるそーである。
2010.01.12.Tounan Botanical Garden, Okinawa Pref.
ノウゼンカズラ科ロウソクノキ属ロウソクノキ Paramentiera cereifera

f0165160_5222275.jpg
f0165160_5223171.jpg
f0165160_5224126.jpg
f0165160_522496.jpg
f0165160_523014.jpg
f0165160_523833.jpg

by memobird2 | 2011-01-21 05:23 | ノウゼンカズラ科
ソケイノウゼン属は、P.jasminoides (ソケイノウゼン)がよく知られているが、パンドラナが、渥美半島の戸外で繁茂しているので驚いた。霜がなければ、戸外での越冬が可能らしい。品種ロゼアは、花冠に濃色条線が入る。
2010.10.106.Aichi Pref.
ノウゼンカズラ科ソケイノウゼン属パンドラナ’ロゼア’ Pandrea pandorana cv.Rosea

f0165160_12315347.jpg
f0165160_1232270.jpg
f0165160_12321371.jpg
f0165160_12322130.jpg
f0165160_12322863.jpg
f0165160_12323673.jpg
f0165160_12324489.jpg

by memobird2 | 2010-11-20 12:32 | ノウゼンカズラ科
熱帯アフリカ原産の本種が、年末の石垣島バンナ公園の野外で咲き誇っていた。原産地では、高さ20mになるという。英名では、African Tulip Tree
2009.12.29.Isigaki Is.
ノウゼンカズラ科スパトデア属カエンボク Spathodea campanulata

f0165160_221344.jpg
f0165160_2214576.jpg
f0165160_2215692.jpg
f0165160_22264.jpg
f0165160_22215100.jpg
f0165160_2222499.jpg
f0165160_2223590.jpg
f0165160_2224523.jpg
f0165160_2225622.jpg
f0165160_223571.jpg
f0165160_223174.jpg
f0165160_2232829.jpg
f0165160_2233643.jpg
f0165160_2234545.jpg

by memobird2 | 2010-03-17 05:03 | ノウゼンカズラ科
京都府立植物園にて、今年はじめてソーセージノキの結実に成功との情報を得たので見学に行ってきました。見事に果実をぶら下げてたので、報告まで・・・・
花は夜間に咲き、アフリカの自生地では、コウモリとか、ガが受粉の媒介をするよーです。果実の長さは、30~60cm,直径10cmもあるが、残念ながら食べられません。
2009.11.01.Kyoto Pref.
ノウゼンカズラ科ソーセージノキ属ソーセージノキ Kigelia pannata

f0165160_10571269.jpg
f0165160_10573071.jpg
f0165160_10574412.jpg
f0165160_10575740.jpg
f0165160_10581377.jpg
f0165160_10584243.jpg
f0165160_10585672.jpg
f0165160_1059992.jpg


名護市ネオパークでは、立派な果実がぶら下がっていた、戸外で・・・。さすが、沖縄・・・・
2010.01.11.Okinawa Pref.

f0165160_17154272.jpg
f0165160_1716726.jpg
f0165160_17162857.jpg
f0165160_17164779.jpg
f0165160_171747.jpg

by memobird2 | 2009-11-04 12:59 | ノウゼンカズラ科

フクベノキ Crescentia cujete

浜松のフルーツパーク熱帯果樹温室は、巨木も多く、コレクションが充実していて、結構楽しめます。フクベノキの果実、花を堪能してきました。この熱帯アメリカ原産の樹が、ノウゼンカズラ科だとは驚きです。葉は、同科のソーセージノキに似てるので、うなづけました。果実は、容器、楽器のマラカスに使われるよーです。タヒチ、モーレア島にも自生してます。
2009.10.04.Sizuoka Pref.
ノウゼンカズラ科フクベノキ属フクベノキ Crescentia cujete

f0165160_724893.jpg
f0165160_725578.jpg
f0165160_73398.jpg
f0165160_731027.jpg
f0165160_731793.jpg
f0165160_732312.jpg
f0165160_733120.jpg
f0165160_733863.jpg
f0165160_734578.jpg
f0165160_735244.jpg
f0165160_74013.jpg
f0165160_74761.jpg
f0165160_741324.jpg

by memobird2 | 2009-10-05 07:04 | ノウゼンカズラ科