鳥平が観察してる植物を、どーぞご一緒にお楽しみください。


by memobird2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2009年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

コガンピ Wikstroemia ganpi

昨日は、久しぶりに、コガンピの花をたくさん撮影できたので、まとめておきたい。ガンピとは、ずいぶん雰囲気が違って草本にも見えるので、はじめての場合は、とてもガンピの仲間とは思えないです。2009.08.27.Mie Pref.
ジンチョウゲ科ガンピ属コガンピ Wikstromia ganpi

f0165160_1733637.jpg
f0165160_173537.jpg
f0165160_1741075.jpg
f0165160_1742727.jpg
f0165160_174437.jpg
f0165160_1745933.jpg

by memobird2 | 2009-08-28 16:33 | ジンチョウゲ科

 花弁の縁が、ひげのよーに、細かく切れ込むのが特徴的である。ちょうど、満開の頃で、興味深く鑑賞できた。ウメバチソウの仲間であるが、花弁の様子が大きく異なる。
2009.08.20.Gifu Pref.
ユキノシタ科ウメバチソウ属シラヒゲソウ Parnassia foliosa

f0165160_948622.jpg
f0165160_9482778.jpg
f0165160_9493050.jpg
f0165160_9494214.jpg
f0165160_94956100.jpg
f0165160_950838.jpg
f0165160_9502267.jpg

by memobird2 | 2009-08-22 07:50 | ユキノシタ科

タマゴタケ Amanita hemibapha

タマゴタケが白色のツボを破って顔を出す場面から、傘が開ききって変色する場面まで、各段階を観察することができた。きれいなキノコで、とても美味しいらしい。まず間違うものがないと思ったので、今度は食してみよう。炭火焼、揚げ物、汁物がいいらしい。自信を持って食べることのできるキノコのレパートリーが一種増やせそーだ。が、テングタケ属なので、最初はビビルかも知れない??
2009.08.14.Nara Pref.
テングタケ科テングタケ属タマゴタケ Amanita hemibapha

f0165160_15181766.jpg
f0165160_15182789.jpg
f0165160_15183529.jpg
f0165160_15184370.jpg
f0165160_15185161.jpg
f0165160_15185889.jpg
f0165160_1519851.jpg
f0165160_15191572.jpg
f0165160_15192260.jpg
f0165160_15193083.jpg

by memobird2 | 2009-08-16 15:19 | キノコ類

ポポー Asimina triloba

北アメリカ東南部~北東部原産の果樹で、日本へは明治時代に入ったが、果実の種子が大きくて食べにくいこと、日持ちがしないことで定着しなかったらしい。今は、観賞用として残されている。我が家の庭にも二本植栽したが、まだ若いので花が咲かない。
2008.6.24.自宅庭
バンレイシ科アシミナ属ポポー Asimina triloba

f0165160_17205085.jpg
f0165160_172136.jpg
f0165160_17211869.jpg


同昨年信州の里山の人家で、かなり大きなポポーが植栽されていて、若い果実を見ることができた。ぜひ、花の頃にも観察したいものである。
2008.07.20.Nagano Pref.

f0165160_17243271.jpg
f0165160_17245346.jpg
f0165160_17251192.jpg
f0165160_17252731.jpg
f0165160_17254053.jpg

by memobird2 | 2009-08-10 18:25 | バンレイシ科
アカネ科の樹は、興味深い種が多い。南九州、沖縄に分布するギョクシンカに、はじめて出会うことができた。緑色の枝は、アオキを思わせ、対生の葉は、クチナシを連想させた。白い小さな花が見たかったが、まだ早すぎた。
2009.05.03.Kouchi Pref.
アカネ科ギョクシンカ属ギョクシンカ Tarenna gracllipes

f0165160_95155.jpg
f0165160_9512263.jpg
f0165160_951353.jpg
f0165160_951486.jpg
f0165160_95268.jpg
f0165160_9522062.jpg
f0165160_9523479.jpg

by memobird2 | 2009-08-08 07:52 | アカネ科
奥飛騨の標高1500m付近の林内の木陰で、キイチゴ属を観察した。枝のトゲが小さくて、極めて少なく、葉は3深裂で、先が尖っていた。葉裏の白さがなく、この点はミヤマニガイチゴの特徴と合わないが、その他の特徴から、ミヤマニガイチゴしか考えられない。
2009.07.20.Gifu Pref.
バラ科キイチゴ属ミヤマニガイチゴ Rubus microphyllus var. subcrataegifolius

f0165160_17261164.jpg
f0165160_17262833.jpg
f0165160_17264238.jpg
f0165160_17265856.jpg
f0165160_17271292.jpg
f0165160_17272664.jpg
f0165160_17274599.jpg

by memobird2 | 2009-08-03 17:27 | バラ科

クスドイゲ Xylosma congestum

初めて出会った植物なので、忘れないうちに・・・・・。この植物が、イイギリ科とは意外であった。高さ15mにもなる高木とゆーのも意外である。トゲが多いので、よく生垣に使われるらしい。三重県には自生しない。
2009.05.03.Kouch Pref.
イイギリ科クスドイゲ属クスドイゲ Xylosma congestum

f0165160_9322057.jpg
f0165160_9323720.jpg
f0165160_9325133.jpg
f0165160_933591.jpg
f0165160_9331856.jpg

f0165160_9553532.jpg
f0165160_9555181.jpg

by memobird2 | 2009-08-01 07:33 | イイギリ科