鳥平が観察してる植物を、どーぞご一緒にお楽しみください。


by memobird2

<   2010年 12月 ( 28 )   > この月の画像一覧

ブラジル中南部、アルゼンチン原産の落葉高木で、幹はつぼ状に肥大する。果実がはじけると綿が飛び出す。この綿は強靭なので、枕、クッションの詰め物に使われたり、浮力が強いので救命胴着にも使われる。
2010.11.28.Uji Botanical Garden,Kyoto
パンヤ(キワタ)科トックリキワタ Chorisia speciosa

f0165160_3101325.jpg
f0165160_3104038.jpg
f0165160_3105424.jpg
f0165160_311991.jpg


花はすでにアップしているので重複する。落葉後、新葉が芽吹く前に、満開になる場合が多い。
2009.12.27.Uji Botanical Garden,Kyoto

f0165160_3154322.jpg
f0165160_3155464.jpg
f0165160_3161166.jpg
f0165160_3162252.jpg
f0165160_3163310.jpg
f0165160_3164389.jpg

by memobird2 | 2010-12-28 03:11 | パンヤ(キワタ)科
シマカンギクの変異種で、茎、葉裏に毛が密生する。愛媛県高縄半島に限局的に自生するが、広島県、大分県でも見られるらしい。
2010.11.28.Uji Botanical Garden,Kyoto
キク科イヨアブラギク Chrysanthemum indicum var. iyoense

f0165160_10254863.jpg
f0165160_1026482.jpg
f0165160_10261886.jpg
f0165160_10263240.jpg
f0165160_10264694.jpg
f0165160_1027142.jpg

f0165160_1033696.jpg

by memobird2 | 2010-12-27 05:15 | キク科
島根県の日本海側から長崎県五島列島の海岸の岩場に自生する美しい野菊。少し潮水をかぶっても平気らしい。一度、自生地で美しい姿を観察したいものである。
2010.11.28.Uji Botanocal Garden
キク科ダルマギク Aster spathulifolius

f0165160_8484183.jpg
f0165160_8485848.jpg
f0165160_8491045.jpg
f0165160_84920100.jpg
f0165160_8493373.jpg

by memobird2 | 2010-12-26 07:49 | キク科
日本では、熊本県と鹿児島県にだけ自生する。奇数羽状複葉で互生、小葉は4~6対。雌雄別株。幼木の葉には、あらい鋸歯がある。種子には、5ツの窪みがあり、その一つから発芽する。果肉のぬるぬるを除去して撒くとよく発芽する。和名は、センダン科のチャンチンに似てるの意。
2009.09.10.Higashiyama Botanical Garden, Nagoya City

f0165160_504627.jpg
f0165160_51290.jpg
f0165160_511374.jpg
f0165160_512154.jpg
f0165160_513076.jpg
f0165160_51386.jpg


落葉した葉。
2009.11.19.Higashiyama Botanical Garden

f0165160_525415.jpg
f0165160_53285.jpg
f0165160_531393.jpg

by memobird2 | 2010-12-25 05:03 | ウルシ科
カイノキの黄葉は美しい。遠くからでも目立っていた。静岡県下田市では街路樹として植栽されてるらしい。あのピスタチオと同属。
2009.11.19.Higashiyama Botanical Garden, Nagoya City

f0165160_4251730.jpg
f0165160_4252652.jpg
f0165160_4253521.jpg
f0165160_4254466.jpg
f0165160_4255471.jpg
f0165160_426476.jpg

f0165160_4321915.jpg
f0165160_4323243.jpg

by memobird2 | 2010-12-24 05:26 | ウルシ科
中国、台湾、フィリピン原産の落葉高木。互生で、奇数羽状複葉(まれに偶数)。枝や葉に独特の香りがある。学問の聖木とされている。
2009.07.07.Higashiyama Botanical Garden, Aichi Pref.
ウルシ科ランシンボク属カイノキ(ランシンボク) Pistacia chinensis

f0165160_2047611.jpg
f0165160_20471799.jpg
f0165160_20472799.jpg
f0165160_20473937.jpg
f0165160_20474791.jpg
f0165160_20475537.jpg
f0165160_2048323.jpg

by memobird2 | 2010-12-23 05:48 | ウルシ科
愛媛県佐田岬近くの海辺で、新緑の頃なのに、前年の果実がたわわに残ってる本種に出会い驚いた。果実は、冬場、野鳥たちに食されなかったのか???
2009.05.05.Ehime Pref.
ウルシ科ウルシ属ハゼノキ Rhus succedanea

f0165160_16371349.jpg
f0165160_16372398.jpg
f0165160_16373253.jpg
f0165160_1637416.jpg
f0165160_16374979.jpg
f0165160_16375763.jpg

by memobird2 | 2010-12-22 05:37 | ウルシ科
関東地方以南から南西諸島まで分布。緑一色の冬の南西諸島で本種の紅葉を見ると驚く。冬芽、葉、果実などに毛の要素がない。
2007.12.06.Mie Pref.
ウルシ科ウルシ属ハゼノキ Rhus succedanea

f0165160_16131929.jpg
f0165160_16133295.jpg


2010.12.16.Mie Pref.
f0165160_16144170.jpg
f0165160_1614505.jpg
f0165160_16145984.jpg
f0165160_161592.jpg
f0165160_1615187.jpg


2008.01.27.Mie Pref.
f0165160_16163641.jpg
f0165160_16164818.jpg
f0165160_1617171.jpg
f0165160_16171267.jpg

by memobird2 | 2010-12-21 16:15 | ウルシ科

ヤシャブシ Alnus firma

三重県では、海に近い開発地、丘陵の土地改良地には、オオバヤシャブシが群生してるが、本種は、山地の斜面に見られる。冬芽は、他のハンノキ属と同様、枝先から雄花芽、雌花芽、葉芽の順であり、オオバヤシャブシはまったく逆の順である。果実は、2個つく場合が多い。
2010.12.19.Mie Pref.
カバノキ科ハンノキ属ヤシャブシ Alnus firma

f0165160_5584044.jpg
f0165160_558481.jpg
f0165160_5585977.jpg
f0165160_5591281.jpg
f0165160_5592581.jpg
f0165160_5593592.jpg
f0165160_5594468.jpg


老木になると、樹皮ははがれる。
2005.03.27.Mie Pref.

f0165160_6251436.jpg

by memobird2 | 2010-12-20 05:59 | カバノキ科
つるが出るまでの幼木を見て、カギカズラを感じるのはムツカシイが、慣れるとやさしい。たくさんの個体を観察することに尽きる。ぬめっとした葉表の照りが印象的。
2009.02.22.Mie Pref.
アカネ科カギカズラ属カギカズラ Uncaria rhyncophylla

f0165160_5173415.jpg
f0165160_517427.jpg
f0165160_5175014.jpg
f0165160_518071.jpg


2010.10.26.Mie Pref.
f0165160_532367.jpg
f0165160_5321462.jpg
f0165160_5322788.jpg
f0165160_5323857.jpg
f0165160_5325030.jpg

by memobird2 | 2010-12-19 05:18 | アカネ科