鳥平が観察してる植物を、どーぞご一緒にお楽しみください。


by memobird2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2013年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

京都大江山の蛇紋岩地に自生する少ない貴重種。葉の上面には、びっしり褐色鱗状毛が生えるが、この個体は褐色毛が見られないのでタンゴグミではないかも知れない。マメグミの変異種とされていたが、最近は独立種と考えられている。
2013.4.25.KYoto Botanical Garden
グミ科グミ属タンゴグミ Elaeagnus arakiana?
f0165160_117243.jpg
f0165160_1172040.jpg
f0165160_117359.jpg
f0165160_1174867.jpg
f0165160_118274.jpg
f0165160_1181613.jpg
f0165160_1182938.jpg

by memobird2 | 2013-04-27 07:08 | グミ科
中国原産で明治時代に渡来。成長が早く大木になるので、公園樹として植栽される。樹皮は縦に深く避ける。葉軸にヌルデのよーな翼があるのが特徴。
2013.04.25.Kyoto Botanical Garden
クルミ科サワグルミ属シナサワグルミ Pterocarya stenoptera

f0165160_114199.jpg
f0165160_1141675.jpg
f0165160_1143020.jpg
f0165160_1144674.jpg
f0165160_115037.jpg
f0165160_1151398.jpg

by memobird2 | 2013-04-26 11:04 | クルミ科
東南アジア、オーストラリア、南アフリカの汽水域の沼地に生息する。マングローブ林が途切れる辺りでよく見られる。若い葉にはトゲがあるが、生長した葉は全縁。
2013.04.11.Kusatu Mizunomori Garden,Siga Pref.
キツネノマゴ科ハアザミ属ミズヒイラギ Acanthus ilicifolium

f0165160_5512021.jpg
f0165160_5514132.jpg
f0165160_5514112.jpg
f0165160_552250.jpg
f0165160_552252.jpg
f0165160_5522242.jpg

by memobird2 | 2013-04-23 05:52 | キツネノマゴ科
パプアニューギニア原産のつる性常緑植物。熱帯雨林で生育し高温多湿を好む。現地では年中開花し、気温により花の色は白~ピンク~深紅色と様々。
2013.04.11.Kusatu Mizunomoei Park, shiga Pref.
ガガオモ科ホヤ属ホヤ・アルクボルディアーナ Hoya archboldiana

f0165160_2137381.jpg
f0165160_21374630.jpg
f0165160_21372557.jpg
f0165160_2138566.jpg
f0165160_21374465.jpg

by memobird2 | 2013-04-21 21:38 | ガガイモ科

キミズ Pellionia scabra

関東以西の本州、四国、九州、南西諸島の山地の林下に生育する。サンショウソウ属の中で、葉が披針形で無斑なのは本種のみ。雌雄異株で雌花の花序茎は短く、雄花では長い。
2010.04.11.Mie Pref.
イラクサ科サンショウソウ属キミズ Pellionia scabra

f0165160_5313345.jpg
f0165160_5314435.jpg
f0165160_5315567.jpg
f0165160_532619.jpg
f0165160_5321681.jpg
f0165160_5322766.jpg

by memobird2 | 2013-04-18 05:32 | イラクサ科
インドから東南アジアに広く分布する。耐寒性が弱いので、日本では温室が必要。3月下旬~4月上旬に開花する。
2013.04.11.Kusatu Mizunomori Park, Shiga Pref.
フタバガキ科サラノキ属サラノキ(花) Shorea robusta

f0165160_10411131.jpg
f0165160_10412853.jpg
f0165160_10414946.jpg
f0165160_1042322.jpg
f0165160_10421321.jpg

by memobird2 | 2013-04-17 07:42 | フタバガキ科
世界のマングローブに生育する大型シダで背丈2mを越える。日本では、石垣島、西表島、与那国島に分布するが、台湾では見つかっていない。胞子嚢は上部の羽片の裏面全体に着く。和名のミミモチは、耳状の箇所が見られないので、小種名aureumの誤読と思われる。
2013.04.11.Kusatu Mizunomori Park, Siga Pref.
イノモトソウ科ミミモチシダ属ミミモチシダ Acrostichum aureum

f0165160_755635.jpg
f0165160_761344.jpg
f0165160_762428.jpg
f0165160_763362.jpg
f0165160_764625.jpg
f0165160_77015.jpg
f0165160_771074.jpg
f0165160_772078.jpg

by memobird2 | 2013-04-13 07:07 | イノモトソウ科
ブラジル原産で、高さ1m前後、葉は卵型で長さ50~70cm、表面に光沢あり、淡緑色で斑はない。1株から、1本の花茎が出て花穂にロウ質の美しい苞が25~50個もつく。青みのある苞を付ける品種を、アイスブルー、白色のものをスノーコーン Snow Corn と呼ぶ。
2013.04.11.Kusatu Mizunomori Park, Siga Pref.
クズウコン科カラテア属カラテア・ブルレマルクシー ’アイスブルー’ Calathea burle-marxii cv. ’Ice Blue’

f0165160_174332.jpg
f0165160_174152.jpg
f0165160_174224.jpg
f0165160_1742037.jpg
f0165160_1744297.jpg

by memobird2 | 2013-04-11 17:05 | クズウコン科
南アフリカ原産で、オーストラリア、ハワイで栽培されている。花持ちが良いので切り花として重宝される。本属は多数の種、品種がある。画像は、サファリーサンシャイン??
ヤマモガシ科リュウカデンドロン(レウカデンドロン)属の一種 Leucadenndoron

f0165160_555260.jpg
f0165160_5551061.jpg
f0165160_5552493.jpg
f0165160_555324.jpg
f0165160_5554496.jpg

by memobird2 | 2013-04-05 05:56 | ヤマモガシ科
南太平洋のノーフォーク島(オーストラリア領)に自生する。高さ60mに達し、円錐形の樹姿は美しい。側枝は互生して、やや下垂する。樹皮は黒褐色で荒々しい。伊東里きが、北米から持ち帰った本種が三重県志摩郡和具の「おりきの松公園」に現存するらしい。
2013.03.19.Flower Park Kagoshima
ナンヨウスギ科ナンヨウスギ属シマナンヨウスギ(ノーフォークマツ) Araucaria heterophylla

f0165160_2058169.jpg
f0165160_20581767.jpg
f0165160_20582826.jpg
f0165160_20583964.jpg
f0165160_20585057.jpg

f0165160_2131475.jpg

f0165160_2133074.jpg

f0165160_2059025.jpg

by memobird2 | 2013-04-02 20:57 | ナンヨウスギ科