鳥平が観察してる植物を、どーぞご一緒にお楽しみください。


by memobird2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29

<   2016年 02月 ( 44 )   > この月の画像一覧

メシダ科メシダ属ヤマイヌワラビ Athyrium vidalii
家の周辺では見られず、山地には普通にある。葉柄基部の鱗片は、淡褐色で細長い。羽片の柄は短い。最下第一小羽片は小さい。小羽片は中裂するが、耳片が垂れ下がることはない。ソーラスは、中肋寄りに付き、苞膜は鉤形、馬蹄形、三日月形。
Mie Pref. Central Japan

f0165160_17112244.jpg
f0165160_1711349.jpg
f0165160_17114864.jpg
f0165160_1712674.jpg
f0165160_17122098.jpg
f0165160_17123396.jpg
f0165160_17124535.jpg
f0165160_17125773.jpg
f0165160_17131186.jpg
f0165160_1713343.jpg

by memobird2 | 2016-02-29 17:13 | メシダ科
オシダ科イノデ属
ヒトツバジュウモンジシダ Polystichum tripteron var. simplicissimum
ジュウモンジシダの中で、単羽状最下羽片がない変異種。
外見的に、見慣れた十文字がないので、一瞬、戸惑う。
Mie Pref. Central Japan

f0165160_1733659.jpg
f0165160_1735091.jpg
f0165160_174786.jpg
f0165160_1742333.jpg
f0165160_1743412.jpg
f0165160_1744531.jpg

by memobird2 | 2016-02-29 17:04 | オシダ科
チャセンシダ科チャセンシダ属トキワシダ Asplenium yoshinagae
山地の湿った岸壁のコケの中に生え、垂れ下がる。葉軸には、はっきりした溝あり。羽片の基部が接する中軸に無性芽が出る。ソーラスは、羽片の軸に沿って、左右二列に長く斜上する。
Mie Pref. Central Japan

f0165160_1659426.jpg
f0165160_16595634.jpg
f0165160_170620.jpg
f0165160_1701830.jpg
f0165160_1702771.jpg
f0165160_1703893.jpg
f0165160_1704854.jpg

f0165160_17441385.jpg
f0165160_17443340.jpg
f0165160_17452922.jpg

by memobird2 | 2016-02-29 17:00 | チャセンシダ科
イワヒバ科イワヒバ属イヌカタヒバ Sellaginella moellendorffii
石垣島・西表島に自生するが、園芸植物と共に持ち込まれた個体が本土で見られる。カタヒバは、山地の岩場に自生するが、本種は人家の庭及び人家近くに多い。カタヒバとの識別点は色々あるが、いづれも悩ましい。本種は背葉の辺縁に白い膜があり、先端がぼう状に尖る。腹葉の縁には鋸歯があるが、見るのは難しい。
My Garden, Mie Pref. Central Japan

f0165160_1156940.jpg
f0165160_11563327.jpg
f0165160_11564746.jpg
f0165160_1157057.jpg
f0165160_11571019.jpg
f0165160_11572695.jpg

by memobird2 | 2016-02-29 11:57 | イワヒバ科
オシダ科オシダ属オワセベニシダ Dryopteris ryo-itoana
基準産地は、三重県旧海山町。種小名は、発見者の伊藤良氏にちなむ。外見は、ヌカイタチシダモドキに似るが、最下羽片の左右基部第一小羽片が、大きなハの字を作る。葉柄基部の鱗片は茶褐色で密に付き縁に微突起あり。柄上部、中軸にも褐色の鱗片が多く、縁に小突起が見られる。ソーラスは、小羽片の軸と辺縁の中間か辺縁よりに付くが、軸寄りの場合もある。苞膜の中心部が赤いのが大きな特徴!
Mie Pref. Central Japan

f0165160_1127869.jpg
f0165160_11272294.jpg
f0165160_11273281.jpg
f0165160_11274739.jpg
f0165160_1128674.jpg
f0165160_11281845.jpg
f0165160_11283862.jpg
f0165160_1129064.jpg
f0165160_11291121.jpg
f0165160_11292718.jpg
f0165160_11294157.jpg

by memobird2 | 2016-02-29 11:29 | オシダ科
イノモトソウ科イノモトソウ属セフリイノモトソウ Pteris × sefuricola
オオバイノモトソウとイノモトソウとの雑種と推定されている。外見は、オオバイノモトソウに見えるが、よく見ると上部の中軸に翼がみられる。
Siga Pref. Central Japan

f0165160_11222165.jpg
f0165160_11223794.jpg
f0165160_11225248.jpg
f0165160_11231170.jpg
f0165160_11232194.jpg
f0165160_11233818.jpg
f0165160_11235784.jpg

by memobird2 | 2016-02-29 11:24 | イノモトソウ科
本種とコバノヒノキシダはよく似てるが、本種の最下羽片は幅ほどの長さ、葉質は厚くツヤがある、葉は深緑色、葉柄基部の鱗片は褐色で密生する。
チャセンシダ科チャセンシダ属トキワトラノオ Asplenium pekinense
三重県

f0165160_11153090.jpg
f0165160_1115422.jpg
f0165160_11155425.jpg
f0165160_111644.jpg
f0165160_11161948.jpg
f0165160_11163089.jpg

by memobird2 | 2016-02-29 11:16 | チャセンシダ科
サトイモ科ザゼンソウ属ザゼンソウ Symplocarpus foetidus
2014.03.04. 滋賀県

f0165160_7185154.jpg
f0165160_7191419.jpg
f0165160_7192955.jpg
f0165160_7195188.jpg

by memobird2 | 2016-02-29 07:19 | サトイモ科
イノモトソウ科イノモトソウ属
ニシノコハチジョウシダ(コハチジョウシダ) Pteris kiuschiuensis
伊豆半島、紀伊半島、四国南東部、九州南部に分布し、林中で生育する。日本固有種。羽片は無柄で、先端は鎌状に曲がる。最下羽片の後ろ側に、通常1ケ、時に2ケの長い小羽片を持つ。
Mie Pref. Central Japan (尾鷲市)

f0165160_20574713.jpg

f0165160_2046396.jpg
f0165160_20465182.jpg
f0165160_2047271.jpg
f0165160_20471334.jpg
f0165160_20472352.jpg
f0165160_20473346.jpg
f0165160_20474235.jpg
f0165160_20475285.jpg
f0165160_2048283.jpg

by memobird2 | 2016-02-28 20:48 | イノモトソウ科
オシダ科オシダ属ミヤマイタチシダ Dryopteris sabaei
山地の涼しい林下に生育。葉柄基部の鱗片は褐色~暗褐色で広卵形。胞子葉は立ち上がる。ソーラスは、葉の上部に付き、少なくとも下部2羽片には付かない。ソーラスの付いた部分はクマワラビと同様、早く枯れる。
Siga Pref. Central Japan

f0165160_11195494.jpg

f0165160_1120127.jpg
f0165160_11202532.jpg
f0165160_11203855.jpg
f0165160_11205255.jpg
f0165160_112178.jpg
f0165160_11212431.jpg

2016.07.05.滋賀県鈴鹿山地北部
f0165160_8585858.jpg
f0165160_8591015.jpg
f0165160_8592441.jpg
f0165160_8593451.jpg

by memobird2 | 2016-02-27 11:16 | オシダ科