鳥平が観察してる植物を、どーぞご一緒にお楽しみください。


by memobird2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2016年 04月 ( 36 )   > この月の画像一覧

ヒメシダ科ヒメシダ属イブキシダ Thelyopteris esquirolii var. glabrata
栃木、神奈川、中部以西から琉球列島に分布。林中、山中の渓流沿いに生える。流水に耐えるためか、下部の羽片は痕跡程度に縮小。ソーラスは辺縁より。羽軸と中軸の接点裏面に通気孔がある。
三重県大台町 2015.06.25.

f0165160_10414424.gif

f0165160_10423728.gif

f0165160_10425657.gif
f0165160_10431586.gif
f0165160_1044292.gif
f0165160_10441823.gif
f0165160_10443629.gif
f0165160_1045825.gif

by memobird2 | 2016-04-23 10:45 | ヒメシダ科
イノモトソウ科イノモトソウ属オオバノハチジョウシダ Pteris terminalis
三重県大紀町 2016.04.19.

f0165160_20162759.jpg

f0165160_20164492.jpg
f0165160_20165971.jpg
f0165160_20171691.jpg
f0165160_20172936.jpg

三重県松阪市 2014.11.23.
f0165160_21242898.jpg
f0165160_21244655.jpg
f0165160_21259100.jpg

by memobird2 | 2016-04-19 20:17 | イノモトソウ科
オシダ科カナワラビ属ハガクレカナワラビ Arachnioides yasu-inouei
紀伊半島、山口県、四国、九州に分布するが、琉球列島の分布はない。日本固有種で少ない。三重県では絶滅危惧種I類。根茎は短く這い、葉は接近してつく。外見はコバノカナワラビに似るがより小さい。小裂片の鋸歯の先がトゲ状に長いのが最大の特徴。ハカタシダ、オニカナワラビより葉質は薄く柔らかい。ソーラスは中間位置。お教え下さいました光田重幸氏に感謝申し上げます。
三重県 2016.04.17.

f0165160_17173956.gif
f0165160_17181189.gif

f0165160_1723099.gif

f0165160_19525942.jpg

f0165160_1953334.jpg
f0165160_19534814.jpg

by memobird2 | 2016-04-18 16:36 | オシダ科

シシラン Vittaria flexuosa

シシラン科シシラン属シシラン Vittaria flexuosa
関東から琉球列島まで分布。日本海側には少ない。葉表に一本の溝がある。葉縁は葉裏に巻きこみ長いソーラスを包む。
2014.12.21. 三重県大紀町

f0165160_625821.jpg
f0165160_631012.jpg
f0165160_632323.jpg
f0165160_633434.jpg
f0165160_634541.jpg

by memobird2 | 2016-04-17 06:03 | シシラン科
オシダ科オシダ属
ナンゴクベニシダ Dryopteris austro-japonensis
マルバベニシダとベニシダの中間的な位置に存在するシダと思われる。葉柄基部の鱗片は、明るい褐色。葉柄は濃い褐色。葉は厚く、光沢あり。ソーラスは中間位置が普通。詳しくお教え下さいました光田重幸氏に御礼申し上げます。
三重県紀北町 2016.04.05.

f0165160_211249.jpg
f0165160_21122465.jpg
f0165160_21124813.jpg
f0165160_21131361.jpg
f0165160_21133645.jpg

f0165160_21424591.gif
f0165160_2143026.gif
f0165160_21431758.gif
f0165160_21433391.gif
f0165160_21435110.jpg
f0165160_2144267.jpg

三重県紀北町 2016.07.10.
f0165160_112394.gif
f0165160_1122150.gif
f0165160_1124162.gif
f0165160_1125316.gif
f0165160_113869.gif

by memobird2 | 2016-04-14 19:00 | オシダ科
ホングウシダ科ホングウシダ属ホングウシダ Osmolindsaea odorata
八丈島、紀伊半島南部、九州南部の限られた場所に分布。ホングウとは愛知県犬山市の本宮山に因んで名づけられたが、カミガモシダのことだったらしい??サイゴクホングウシダとの違いは、頂羽片のないこと。しかし、幼株では頂羽片が見られる場合がある。サイゴクホングウシダのソーラスはつながるが、本種は途切れ途切れ。サイゴクホングウシダの柄は、紫褐色であるが、本種は、淡緑~淡褐色。両者の雑種のコケホングウシダの葉柄上部は緑系ではない。詳細にお教え下さいました光田重幸氏に御礼申し上げます。
鹿児島県屋久島 2015.10.11.

f0165160_10461988.jpg
f0165160_10463963.jpg
f0165160_10465692.jpg

f0165160_10545829.gif

by memobird2 | 2016-04-13 06:02 | ホングウシダ科
ヒメウラボシ科オオクボシダ属オオクボシダ Micropolypodium okuboi
岩手県以南、四国、九州に分布。山地の樹幹や岩上に着生する。コケの中に生える小さなシダで、長さ5cmほどの個体が多い。ソーラスは楕円形、各羽片に1個ずつつく。葉は2年かけて伸び、一年目に伸びた所が太く、2年目の所が細い。別名:コケシダ、ムカデシダ、ヨウラクシダなど
Mie Pref. Central Japan 2016.04.10.

f0165160_1134379.gif
f0165160_11345316.gif
f0165160_1135769.gif
f0165160_113521100.gif
f0165160_11353476.gif

by memobird2 | 2016-04-11 11:14 | ヒメウラボシ科
ツツジ科トサノミツバツツジ Rhododendron dilatatum var. decandrum
岐阜、滋賀、紀伊半島、徳島、高知、九州東部に分布。葉が展開する前に開花。
花糸は通常10本であるが、この個体は、7~8本であった?
子房に毛がなく、短い腺状の突起が見られる。
三重県紀北町 2016.04.10.

f0165160_10102852.gif
f0165160_1011137.gif
f0165160_10112345.gif
f0165160_10113796.gif
f0165160_10114917.gif

by memobird2 | 2016-04-11 10:11 | ツツジ科
ツツジ科ツツジ属ヒカゲツツジ Rhododendrom keiskei
Mie Pref. Central Japan 2016.04.10.

f0165160_20262110.jpg
f0165160_2026386.jpg
f0165160_20265638.jpg

by memobird2 | 2016-04-10 20:27 | ツツジ科

ゼンマイ Osmunda japonica

ゼンマイ科ゼンマイ属ゼンマイ Osmunda japonica
三重県松阪市

f0165160_16194378.jpg
f0165160_1620663.jpg

f0165160_16241975.jpg
f0165160_16242956.jpg
f0165160_16244017.jpg
f0165160_16245160.jpg
f0165160_1625424.jpg

by memobird2 | 2016-04-09 16:20 | ゼンマイ科